Nature Remo miniのレビュー!【スマートリモコン】

こんばんは、uuuです。

突然ですが、スマートリモコンを知っていますか?

簡単に説明すると、既存の家電をスマホ一つで操作できるようにする便利グッズなのですが、今回『Nature Remo mini』というスマートリモコンを購入したので、ざっくりレビューしてみたいと思います。

記事の内容
  • スマートリモコン『Nature Remo mini』の魅力がわかる
  • スマートリモコン『Nature Remo mini』の欠点がわかる

Nature Remo mini購入レビュー

スマートリモコン『Nature Remo mini』とは

スマートリモコン『Nature Remo mini』は、既存の家電をスマホやスマートスピーカーで簡単に操作できるようにする便利ガジェットで、同社が販売しているスマートリモコンの『Nature Remo』の廉価版に当たります。

販売しているのは、Nature 株式会社という日本のベンチャー企業です。

Nature Remo miniの特徴


既存家電のスマート化

スマート家電が流行ってるけど、家電の入れ替えってコストも手間もかかるし大変ですよね。

『Nature Remo mini』なら、これ一つで既存のエアコンや照明、テレビなどをスマート家電化できます。

リモコンを使う家電ならなんでもスマホで操作できるようになり、リモコンの置き場所にも困らなくなります

僕はリモコンをよく見失うのでめっちゃ助かります。
(照明のリモコンを2年ぐらい行方不明にしたこともあります)

自分だけのルールで自動化も可能

そしてこの『Nature Remo mini』、家電をスマホで操作できるようになるだけでなく、操作の自動化もできるんです!

時間や温度、操作内容を設定すれば、時間に合わせて照明をつけたり、温度に合わせてエアコンを切ったりすることができるようになります。

これによって、照明をつけたまま寝落ちしても、1時になったら自動で電気を消すとか、色々なことができるようになります。

僕は1時になったらエアコンと照明を消す設定にしており、寝る前に色々リモコンを触らなくていいようになりました。

『Nature Remo mini』さえあれば、夜ベッドに入ったら、あとは目を閉じるだけ。

ちなみに、上位機種の『Nature Remo』なら、時間や温度の他に、湿度や、人感センサー、GPSなどのセンサーも搭載しており、さらに高度なルールの作成が可能です。

問題点

『Nature Remo mini』は非常に便利なガジェットですが、使ってみるとやや不便なところもいくつか見つかりました

メーカーや機種によっては、注意が必要

まず、家電のメーカーや機種によっては、自動化に若干不自由な部分がでてきます。

たとえば、ノーブランドの照明のリモコンは、ボタン一つで入切の操作を行うものが多く、『Nature Remo mini』ではその入切の区別がつきません。

手動で操作する場合は問題ないですが、自動化ルール作成時は入切の入切の区別がつかないのは問題です。

寝るときに電気を消したいのに、すでに電気が消えている場合、逆につけちゃったりしますよね。

要改善だと思います。

とはいえ、日本の有名メーカー品であればほぼ網羅されているようです

ホームセンターで買ったノーブランド品の照明利用時は注意が必要です。

USBプラグが付属していない

もう一つは、給電用のケーブルは付属していますが、USBプラグが付属していません。

USBプラグが家に余分にない人は別途購入が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『Nature Remo mini』のポイントは以下の通り

  • Nature Remo miniは家電をスマホ一つで操作できるスマートリモコン
  • ルールの設定で自動化ができる
  • 機種によっては自動化がやや不自由

『Nature Remo mini』は家電をスマホ一つで操作できる便利ガジェット!

価格もそれほど高くないですが、まだまだ荒削りな部分もあるので購入時は注意が必要です。

とはいえ、全体的には満足のいく商品でした。

それでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です